お問い合せはこちらから
  • 03-3582-1621
額装について

 『額装』とは単に絵の周りの縁でなく、絵に装飾を加えることでより生きる作品にするものです。
先代辰雄の造語です。従って絵を生かすも殺すも額装次第と言っても過言ではありません。
 もし、どのような場所にどんな洋服を着て行くかという「人間」、「洋服」、「場所」という三つの関係の中で一つでも崩れると違和感を感じるように、「作品」、「額装」、「壁面(飾る場所)」の関係も同じように感じることでしょう。
 その為、当店では一点一点その美術品にあわせてデザインを起こし,製作しております。額装の素材は金箔、金襴、古代裂、漆、木材、金属など様々です。
 納期は約1.5ヶ月。漆や特殊加工を施すもに関しては約2ヶ月半掛かります。お持ちの作品のサイズや写真などをメールや郵送で送って頂ければおおよそのお見積もり、デザインのレイアウトをお作りすることも可能です。
 また長年、倉庫や押し入れの中に眠った作品などはカビが生えたり、絵具が剥落している場合もございます。当店では『絵画修復』」も行っていますのでどうぞご相談ください。